コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐助法親王 ゆうじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐助法親王 ゆうじょほうしんのう

1302-1359 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇の第3皇子。
乾元(けんげん)元年生まれ。母は三条公泰(きんやす)の娘。徳大寺公孝(きんたか)に養育される。青蓮院(しょうれんいん)で出家して桂林院にはいり,暦応(りゃくおう)4=興国2年(1341)天台座主。翌年光明(こうみょう)天皇の護持僧となった。延文4=正平(しょうへい)14年4月19日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

祐助法親王の関連キーワード南北朝時代後二条天皇栄子内親王乾元

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android