コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐助法親王 ゆうじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐助法親王 ゆうじょほうしんのう

1302-1359 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇の第3皇子。
乾元(けんげん)元年生まれ。母は三条公泰(きんやす)の娘。徳大寺公孝(きんたか)に養育される。青蓮院(しょうれんいん)で出家して桂林院にはいり,暦応(りゃくおう)4=興国2年(1341)天台座主。翌年光明(こうみょう)天皇の護持僧となった。延文4=正平(しょうへい)14年4月19日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祐助法親王の関連キーワード南北朝時代後二条天皇栄子内親王乾元

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android