コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神さびる カミサビル

4件 の用語解説(神さびるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かみ‐さ・びる【神さびる】

[動バ上一][文]かみさ・ぶ[バ上二]
古びて神々しく見える。荘厳で神秘的である。かんさびる。「―・びた杜(もり)」
古びる。年を経ている。かむさぶ。
「をとめごも―・びぬらし天つ袖ふるき世の友よはひ経ぬれば」〈・少女〉

かん‐さ・びる【神さびる】

[動バ上一][文]かんさ・ぶ[バ上二]かみさびる」に同じ。「―・びた古代建築」
[補説]古くは「かむさぶ」と表記。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみさびる【神さびる】

( 動上一 ) [文] バ上二 かみさ・ぶ
古びて神々こうごうしく見える。 「 - ・びた境内」
古めかしくなる。年功を経ている。かんさびる。かむさびる。 「 - ・びにたる子どもの母をば、何か/宇津保 国譲下

かんさびる【神さびる】

( 動上一 ) [文] バ上二 かんさ・ぶ
かみさびる 」に同じ。 「 - ・びた社」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone