神さびる(読み)カミサビル

  • かみさ・びる
  • かんさ・びる

デジタル大辞泉の解説

[動バ上一][文]かみさ・ぶ[バ上二]
古びて神々しく見える。荘厳で神秘的である。かんさびる。「―・びた杜(もり)」
古びる。年を経ている。かむさぶ。
「をとめごも―・びぬらし天つ袖ふるき世の友よはひ経ぬれば」〈・少女〉
[動バ上一][文]かんさ・ぶ[バ上二]かみさびる」に同じ。「―・びた古代建築」
[補説]古くは「かむさぶ」と表記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自バ上一〙 かみさ・ぶ 〘自バ上二〙 (「さぶ」は接尾語)
① 神らしく行動する。神にふさわしい振舞いをする。→かんさぶ
② 神々(こうごう)しい様子を呈する。古色を帯びて神秘的な様子である。古めかしくおごそかである。
※万葉(8C後)二〇・四三八〇「難波門(なにはと)を漕ぎ出(で)て見れば可美佐夫流(カミサブル)生駒高嶺に雲そたなびく」
※太平記(14C後)九「宜禰(きね)が袖振る鈴の音幽(かすか)に聞えて神さびたり」
③ 古風な趣がある。古めかしくなっている。年を経ている。(人間などが)老いている。
※古今(905‐914)雑体・一〇二二「いそのかみふりにし恋のかみさびてたたるに我は寝(い)ぞ寝かねつる〈よみ人しらず〉」
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「ふる人ども、御前(おまへ)に所得て、かみさびたることども聞え出づ」
④ 古びて閑静なさまを呈する。荒れてさびしい有様になる。
※千里集(894)「神さびてふりにしさとにすむ人は都ににほふ花をだにみず」
※日葡辞書(1603‐04)「Camisabita(カミサビタ) スマイ 〈訳〉さびしく静かなすみか」
[補注]「万葉集」では「かむさぶ」がふつうで、「かみさぶ」は挙例が唯一の例である。「かみ(神)」の「み」に「美」が用いられるのは上代特殊仮名遣としても異例。防人の歌でもあり、東国語形とも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android