コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神保雪子 じんぼ ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神保雪子 じんぼ-ゆきこ

?-1868 幕末の女性。
陸奥(むつ)会津藩(福島県)藩士神保修理(しゅり)の妻。夫が切腹したのち,会津の実家にかえる。のち神保家のひとりとして中野竹子らの娘子(じょうし)軍にくわわり,会津若松に攻めこんだ新政府軍とたたかい,慶応4年8月25日戦死。享年は23歳あるいは26歳とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神保雪子の関連キーワード幕末陸奥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android