コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神前結婚 しんぜんけっこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神前結婚
しんぜんけっこん

神社または神前結婚式場で行われる結婚に関する儀式。式は皇居の賢所で行われる皇室婚儀をまねたもの。神様の御前で,多少の相違はあるがだいたいは,斎主一礼,修祓,祝詞奏上,三献の儀 (三々九度の盃) ,指輪交換,誓詞奏上,玉串奉奠,親族固めの盃,斎主挨拶という順序で進められる。なお,この神前結婚は,現在でこそ結婚式の典型となっているが,それがこうした形式で一般に行われるようになったのは明治以降のことで,歴史は浅い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんぜん‐けっこん【神前結婚】

神前で結婚式を行うこと。また、その結婚式。明治中期以降に行われるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぜんけっこん【神前結婚】

神前で行う結婚式。皇居の賢所かしこどころで行われる皇室の婚儀にならって明治以降に始まった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神前結婚の関連キーワード嘉村 礒多東京大神宮人前結婚冷泉為紀嘉村礒多婚礼雅楽

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神前結婚の関連情報