コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神子栄尊 じんし えいそん

1件 の用語解説(神子栄尊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神子栄尊 じんし-えいそん

1195-1273* 鎌倉時代の僧。
建久6年6月26日生まれ。平康頼の子。臨済(りんざい)宗。はじめ天台をまなぶ。のち上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺釈円栄朝(しゃくえん-えいちょう)に師事。嘉禎(かてい)元年(1235)円爾(えんに)とともに宋(そう)(中国)にわたる。帰国後,肥前佐賀郡に万寿寺をひらき,肥前報恩寺,筑後(ちくご)(福岡県)朝日寺などの開山(かいさん)となる。文永9年12月28日死去。78歳。筑後出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神子栄尊の関連キーワードルドルフ[1世]春華門院ルーミー大空位時代ターイフハプスブルク[家]足利貞氏金沢実政嘉陽門院勧心

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone