コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神成文吉 かんなり ぶんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神成文吉 かんなり-ぶんきち

1869*-1902 明治時代の軍人。
明治元年12月生まれ。陸軍教導団にはいり,明治34年陸軍大尉,青森歩兵第五連隊中隊長。日露戦争をひかえての雪中訓練として八甲田山雪中行軍の計画作成を担当。訓練の指揮にあたるが,明治35年1月27日八甲田山麓大滝平で遭難死。35歳。羽後(うご)(秋田県)出身。猛吹雪と装備の不備,事前調査などの準備不足のため,隊員210人中199人が死亡した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神成文吉の関連キーワード明治時代軍人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android