神拝(読み)シンパイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぱい【神拝】

《古くは「じんばい」とも》
神を拝むこと。神社にもうでること。
「鎌倉に移し奉れる八幡の御社に―にまうづる」〈増鏡・新島守〉
新任の国司が、任国内の神社に初めて参拝すること。
「―といふわざして国の内ありきしに」〈更級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぱい【神拝】

( 名 ) スル
〔古くは「じんばい」とも〕
神を拝むこと。神社に参拝すること。
新任の国司がその任国の主要な神社に参拝すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぱい【神拝】

〘名〙 (古くは「じんばい」とも)
① 神を拝むこと。神社に参拝すること。また、神聖なものとして崇拝すること。
※とはずがたり(14C前)四「神はいことゆゑなく遂げて」
※真理一斑(1884)〈植村正久〉四「蓋拝物教とて強ちに物体を直ちに神拝するものとは謂ふべからず」
国司が着任した時、初めに管内のおもな神社に参拝すること。
※兼盛集(990頃)「駿河の守にて、神拝してかへるに、いそのほとりを行くとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神拝の関連情報