コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強ち アナガチ

2件 の用語解説(強ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あながち【強ち】

[副](あとに打消しの語を伴う)
断定しきれない気持ちを表す。必ずしも。一概に。「強ち(に)うそとは言いきれない」
強い否定の意を表す。決して。
「範頼、義経が申し状、―御許容あるべからず」〈平家・一〇〉
[形動ナリ]
強引なさま。無理やり。
「父大臣(おとど)の―にしはべりしことなれば」〈大鏡・道長上〉
いちずなさま。ひたむき。
「などかく、この御学問の―ならん」〈・少女〉
身勝手なさま。わがまま。
「おろかに過ぎにし方さへくやしうおぼさるるも―なり」〈和泉式部日記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あながち【強ち】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴う)
一方的に決めつけられないさま。一概に。まんざら。必ずしも。 「 -無理ともいえない」
決して。むやみに。 「範頼・義経が申し状、-御許容あるべからず/平家 10
( 形動ナリ )
周囲にかまわず一途いちずであるさま。ひたむき。 「 -に心ざし見えありく/竹取」 「など、かく、この御学問の-ならむ/源氏 乙女
強引であるさま。無理やり。 「 -にかかづらひたどりよらむも人悪かるべく/源氏 空蟬
異常なほどはなはだしいさま。ゆきすぎ。 「それだになほ-なるさまにては見ぐるしきに/枕草子 237
必ずしも。 「 -に恐ろしかるべき事にもあらねど/栄花 玉の村菊」 〔他人の迷惑をかえりみず、自分勝手にしたいままにするというのが原義。「あな」は「おのれ(己)」の意で、「己あな勝ち」に由来するか。平安時代末期には打ち消しの語を伴って用いるの意が生じ、次第に「に」を脱落させたの用法が主流となっていった〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強ちの関連キーワード毫も然迄そっとも断じて露程もほっても夢に夢にも曽て唯に

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強ちの関連情報