神祇の四姓(読み)じんぎのししょう

精選版 日本国語大辞典「神祇の四姓」の解説

じんぎ【神祇】 の 四姓(ししょう)

中古、世襲として神事にあずかった四つの氏。王氏白川家)、中臣(なかとみ)氏、斎部(いんべ)氏、卜部(うらべ)氏の総称。
俗神道大意(1811頃)三「王氏、中臣氏、斎部氏、卜部氏、この四姓の方々が、神祇祭祀の事に預らるるに依て、これを神祇の四姓とは申すのぢゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android