コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経症的擦傷 しんけいしょうてきさっしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経症的擦傷
しんけいしょうてきさっしょう

強迫行為として過度に皮膚をかきむしってしまうこと。自分の皮膚を傷つけていることを認めてはいるものの,耐え難い欲求,衝動に負けてかきこわしてしまう。さらに自分で傷つけていることを認めない場合,化学薬品や道具を使って傷つける場合もあり,人工皮膚炎と呼ばれる。さらに毛髪を抜く抜毛症や,皮膚の中に虫がいるという妄想から皮膚を傷つける寄生虫妄想もある。ストレスや環境などが原因の一つとなることもあり,治療にはその面のアプローチが必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

神経症的擦傷の関連キーワード強迫行為

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android