神経筋接合部(読み)しんけいきんせつごうぶ(英語表記)neuromuscular junction

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいきんせつごうぶ【神経筋接合部 neuromuscular junction】

NMJと略称運動神経繊維筋繊維と接合する部分をいう。脊椎動物骨格筋では,この部分を終板end‐plateともいう。運動神経繊維末端髄鞘がなくなり,枝分れして筋繊維表面の細胞膜と約500Åの距離で相対している。この部分の筋細胞膜には多数のひだがある。神経筋接合部はシナプス一種とみなすことができ,運動神経繊維のインパルスはここを通過して筋繊維に伝えられるが,筋繊維のインパルスが神経繊維に伝わることはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の神経筋接合部の言及

【筋収縮】より

…骨格筋の収縮は,脊髄内の運動ニューロンからのびた運動神経によって調節されている。運動神経繊維のインパルスが神経筋接合部に達すると,神経末端から伝達物質(アセチルコリン)が分泌され,神経筋接合部の筋繊維の膜に作用して活動電位を発生させる。活動電位は,速やかに筋繊維の全長にわたって伝播し,筋繊維全体の収縮をひきおこす。…

※「神経筋接合部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android