コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大覚寺統 だいかくじとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大覚寺統
だいかくじとう

鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて皇位の継承権と所領の相続をめぐって争った2つの皇統の一つ。亀山,後宇多天皇の流れで,後深草,伏見天皇持明院統と対抗。後宇多天皇が上皇となってから京都の北西郊の大覚寺に住んだのでこの名がある。鎌倉幕府は両統を交互に皇位につけるようはからったが,大覚寺統の後醍醐天皇建武中興が失敗し,足利尊氏が持明院統の皇族をいただいて京都に君臨してからは,大覚寺統は南朝として大和の吉野山にこもった。元中9=明徳3 (1392) 年両統の合体後,南朝方のものは,合体条件が履行されていないとして再びこの皇統の皇族を奉じてしばしば乱を起したが,その都度,室町幕府により鎮定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大覚寺統【だいかくじとう】

鎌倉時代,後嵯峨法皇の死後,皇統が2分して対立抗争したが,そのうち亀山天皇の系統をいう。持明院統(じみょういんとう)の対。亀山天皇の子,後宇多天皇が譲位後,京都大覚寺に住んだのでこう呼んだ。
→関連項目神蔵荘勘仲記玉葉和歌集後宇多天皇後小松天皇後嵯峨天皇後深草天皇後伏見天皇金剛寺新葉和歌集大覚寺長尾荘南朝二条家(歌の家)二条為世八条院領伏見天皇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいかくじとう【大覚寺統】

鎌倉時代後半から南北朝時代にかけて皇位継承をめぐって争った二つの皇統のうち,亀山天皇の系統をいい,南朝につらなる。後深草天皇の系統を持明院統とよぶのに対し,亀山天皇の皇子後宇多上皇が嵯峨の大覚寺を再興して〈大覚寺殿〉と称したことから,この皇統を大覚寺統とよぶ。後嵯峨法皇の死(1272)後生じた皇位継承をめぐる争いに加え,皇室領荘園の領有をめぐる抗争から天皇家は二つに分裂し,鎌倉幕府の斡旋で両統から交互に皇位につく,いわゆる両統迭立を原則として,鎌倉時代後半を通じ両統の勢力均衡が保たれつつ対立がつづいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいかくじとう【大覚寺統】

鎌倉末期、亀山天皇に始まる皇統。後宇多天皇が譲位後、嵯峨の大覚寺に仙洞を置いたのでいう。持明院統と皇位を争い、後醍醐天皇が建武中興ののち吉野に南朝を建てたが、1392年、北朝と合体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大覚寺統
だいかくじとう

鎌倉中期に分裂対立した二皇統の一つ。亀山(かめやま)天皇の子孫の皇統をいう。後宇多(ごうだ)上皇が京都嵯峨(さが)の大覚寺で院政をみたのに始まる。幕府の干渉のもとに、後宇多天皇以後、持明院(じみょういん)統と交替で両統から皇位を継ぎ、幕府討伐、建武(けんむ)中興政治もこの皇統の後醍醐(ごだいご)天皇によって行われた。足利尊氏(あしかがたかうじ)が持明院統を擁して北朝を建てたのに対し、大覚寺統は南朝として対立し、後村上(ごむらかみ)天皇以後、長慶(ちょうけい)、後亀山(ごかめやま)と続いて、1392年(元中9・明徳3)ひとたび北朝と合体した。しかし合体条件が実行されなかったので、ふたたび分裂した。その後、南朝は大和(やまと)地方の山間に命脈を保ち、その遺臣がしばしば乱を起こして勢力の回復を企てたが成功せず、ついに将軍足利義政(よしまさ)によって滅ぼされた。[多賀宗隼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大覚寺統の言及

【後南朝】より

…1392年(元中9∥明徳3)の南北両朝合一後に興った南朝系(大覚寺統)の朝廷。合一の条件〈両統の迭立(てつりつ)〉を北朝側(持明院統)の後小松天皇とこれを擁する足利義満とが履行しなかったため,これに不満な旧南朝の後亀山上皇は1410年(応永17)吉野に遷幸した。…

【八条院】より

…83年(弘安6)安嘉門院は死去,膨大な荘園は後堀河天皇の女室町院の手中に入ろうとした。しかし亀山上皇は関東に申し入れて八条院領の伝領承認を求め,幕府もこれを認めたので,この荘園群はすべて亀山の管領下に入り,大覚寺統の最大の経済的基盤となったのである。1302年(乾元1)亀山はいったんそのすべてを後宇多上皇に譲るが,05年(嘉元3)これを改め,庁分を後宇多に与えたのみで,他の御願寺領を後宇多の異母弟恒明親王に譲る。…

【文保の和談】より

…鎌倉後期,持明院統大覚寺統との皇位をめぐる抗争を拾収するために,幕府が介入して行った協議。幕府は,皇位をめぐる両統の抗争にまきこまれるのを回避するため,1317年(文保1)使者を上京させて,皇位継承のルールを両統の協議によって定めることを促した。…

【室町院】より

…しかし宗尊が関東の将軍となったので,一部を除き室町院の所領となった。後嵯峨は亀山上皇を室町院の猶子として,これを伝えさせようとしたが,室町院はむしろ伏見上皇にこの荘園群を伝領することとしており,1300年女院が死ぬと,大覚寺統と持明院統との間で激しい相論がおこった。亀山はこの所領を伝領した宗尊の女瑞子(土御門姫君)を永嘉門院として後宇多上皇の妃に迎え,室町院領を獲得しようとし,伏見は室町院の遺志をたてにとってこれと争った。…

【両統迭立】より

…鎌倉時代後半,天皇家が後深草天皇系(持明院統)と亀山天皇系(大覚寺統)の両統に分裂して皇位継承を争った時期に,妥協策として両統から交互に皇位につくとされた原則。後嵯峨法皇は第3子後深草上皇よりも第7子亀山天皇を愛し,後深草の皇子熙仁親王を退けて亀山の皇子世仁親王を皇太子に立てたが,承久の乱(1221)後鎌倉幕府が皇位継承問題に干渉することが多く,それを顧慮した後嵯峨法皇は死に際して後深草,亀山のいずれを〈治天の君〉(天皇家の惣領)とすべきかの決定を幕府の指示にゆだねた。…

※「大覚寺統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大覚寺統の関連キーワード新後撰和歌集万里小路宣房後亀山天皇文保の和談後二条天皇風雅和歌集北畠満雅吉田定房浅原為頼室町院領恒明親王北条高時邦良親王花園天皇安嘉門院京極家後南朝正安仙洞文保

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android