コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神鍋高原 カンナベコウゲン

2件 の用語解説(神鍋高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんなべ‐こうげん〔‐カウゲン〕【神鍋高原】

兵庫県北部、豊岡市の神鍋山(標高469メートル)山腹にある高原。東西4キロメートル、南北3キロメートル。標高200~300メートルの溶岩と火山灰からなる。冬季はスキー場、夏季はキャンプ場としてにぎわう。氷ノ山(ひょうのせん)後山(うしろやま)那岐(なぎ)山国定公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

神鍋高原の関連キーワード事業譲渡iPad Air危険ドラッグ熊本大空襲浦内川ソクラテス猪名部真根三条実美100年企業レイン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神鍋高原の関連情報