コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神鍋高原 カンナベコウゲン

デジタル大辞泉の解説

かんなべ‐こうげん〔‐カウゲン〕【神鍋高原】

兵庫県北部、豊岡市神鍋山標高469メートル)山腹にある高原。東西4キロメートル、南北3キロメートル。標高200~300メートルの溶岩火山灰からなる。冬季はスキー場、夏季キャンプ場としてにぎわう。氷ノ山(ひょうのせん)後山(うしろやま)那岐(なぎ)山国定公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

神鍋(かんなべ)高原

兵庫県豊岡市にある道の駅。国道482号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

神鍋高原の関連キーワード兵庫県豊岡市日高町栗栖野アップかんなべスキー場但馬山岳県立自然公園神鍋高原スキー場奥神鍋スキー場万場スキー場兵庫県豊岡市氷ノ山ひょうなぎ後山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神鍋高原の関連情報