コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神鍋山 かんなべやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神鍋山
かんなべやま

兵庫県北部,豊岡市西部にある溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。標高 469m。円山川支流の稲葉川上流にある。北方の大机山と並んで乳房のような二つの丘を形成。山頂に周囲 30m余の旧噴火口があり,火口壁に玄武岩が見える。付近一帯は関西有数の施設をもつスキー場として有名。氷ノ山後山那岐山国定公園に属し,また,但馬山岳県立自然公園にも属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

神鍋山【かんなべやま】

兵庫県北部,日高町(現・豊岡市)にある標高469mの火山。玄武岩からなる溶岩円頂丘。広い裾野(すその)は関西屈指のスキー場で,設備もよく,周辺にツアー適地の大岡山,三川山,蘇武岳があり,山陰本線江原駅からバスの便がある。
→関連項目豊岡[市]日高[町]氷ノ山後山那岐山国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんなべやま【神鍋山】

兵庫県北部,城崎郡日高町にある火山。標高477m。玄武岩からなる溶岩円頂丘で,山腹は高原状に広がり,関西の代表的なスキー場として知られる。京阪神に近く,山陰本線や国道9号線など交通も便利なので,例年30万人のスキー客を迎える。12月下旬から3月上旬までがシーズンであるが,年によって積雪量が少ないことが悩みである。最近は夏場の客の誘致に力を入れ,ゴルフ場,テニスコート,キャンプ場などを整備するほか,自転車レース,音楽フェスティバルの開催など工夫をこらしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕神鍋山(かんなべやま)


兵庫県北部、豊岡(とよおか)市日高(ひだか)町にある神鍋火山群の主峰。火山砕屑丘(さいせつきゅう)で、標高469m。山頂に直径約200mの噴火口がある。溶岩台地の皺ヶ野(しわがの)周辺は関西地方屈指のスキー場で、夏はキャンプ場にもなる。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園の一部。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神鍋山
かんなべやま

兵庫県北部、豊岡(とよおか)市にある山。標高469メートル。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園の一角を占める。北但(ほくたん)山地の火山活動では最後に噴出したトロイデ型の火山。東方の大岡山と同じ玄武岩からなり、一帯は皺(しわ)ヶ野とよばれる溶岩と火山灰の高原である。溶岩は稲葉川沿いに円山(まるやま)川との合流地付近にまで流出している。山腹は神鍋高原スキー場の中心で夏はキャンプなどでにぎわう。JR山陰本線江原駅からスキー場までバスが通じる。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神鍋山の関連情報