浦内川(読み)うらうちがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「浦内川」の解説

浦内川
うらうちがわ

沖縄県西表島(いりおもてじま)の主要河川。島の東部の古見岳(こみだけ)(島の最高峰、469メートル)にを発し、亜熱帯密林を縫って島の大半を横断するように西流して、北西海岸に注ぐ。延長約18.8キロメートル。川の地形は峡谷状となり、中流部にはマリュードカンピラ滝を有する。河口から数キロメートルまでは観光船が遡上(そじょう)するエスチュアリー(三角江)河道で、河口部にはマングローブ湿地発達する。

[目崎茂和]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「浦内川」の解説

うらうち‐がわ〔‐がは〕【浦内川】

沖縄県、西表いりおもて中央部を流れる川。北東部にある同島最高峰古見こみ岳(標高469メートル)に源を発し、亜熱帯の密林をぬって北西流して浦内で東シナ海に注ぐ。長さ約19キロで島内最長の川。中流部に滝、河口部にマングローブの湿地が発達。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android