コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井敬斎 ふくい けいさい

1件 の用語解説(福井敬斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福井敬斎 ふくい-けいさい

?-1801* 江戸時代中期-後期の医師。
福井楓亭(ふうてい)の次男。京都の人。父の跡をついで幕府の医官となる。寛政12年12月24日死去。名は軏。字(あざな)は小車。通称は巌助。別号に衣笠山人。著作に「春秋折中」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福井敬斎の関連キーワード享和辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之藤簍冊子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone