コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田眉仙 ふくだ びせん

2件 の用語解説(福田眉仙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

福田眉仙

日本画家。兵庫県生。名は周太郎。久保田米僊橋本雅邦に学び、勧業博覧会・院展で受賞して日本美術院院友となる。また久しく中国に遊び、写生して『支那大観』を著した。昭和38年(1963)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田眉仙 ふくだ-びせん

1875-1963 明治-昭和時代の日本画家。
明治8年9月5日生まれ。久保田米僊(べいせん)らにまなぶ。明治42年清(しん)(中国)にわたり南宗画などを研究し「支那三十画巻」を,また朝鮮を旅行し「朝鮮画巻」を制作。京都大覚寺襖(ふすま)絵も手がけた。昭和38年10月28日死去。88歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)中退。本名は周太郎。著作に「支那大観」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

福田眉仙の関連キーワード筆谷等観久保田金僊松林桂月西晴雲結城素明井上秀加藤清治高田静雄永山卯三郎西野元

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone