コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私のアントニーア ワタシノアントニーア

デジタル大辞泉の解説

わたしのアントニーア【私のアントニーア】

《原題My Ántoniaキャザーの小説。1918年刊。米国開拓時代のボヘミアチェコ)からの移民女性を主人公にした作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私のアントニーア
わたしのあんとにーあ
My Antonia

アメリカの女流小説家ウィラ・キャザーの初期長編小説。1918年刊。作家の私と友人ジム・バーデンがネブラスカ州にいたころ、ともに親しく交わったボヘミア娘アントニーアの波瀾(はらん)と不屈の半生を、おりに触れジムが書き留めた原稿によって再現するという形をとる。過酷な自然との闘いに疲れ、希望を失って自殺した父親の後を継ぎ、ネブラスカの大草原の中で不運・不幸を克服し健気(けなげ)に生き続けながら、ついに幸福をつかむ「太古の種族の始祖と同様、豊かな生命の泉」のような主人公の生き方を通して、作者のオプティミスティックな人間観がよく知れる自伝的作品である。[原川恭一]
『浜田政二郎訳『私のアントニーア』(『世界文学全集第二期16』所収・1956・河出書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android