秋山光和(読み)あきやまてるかず

百科事典マイペディアの解説

秋山光和【あきやまてるかず】

美術史学者。専門は日本美術史。東京大学美術史科卒業。美術史研究に光学的方法を導入。1967年《平安時代世俗画の研究》で日本学士院賞受賞。東京大学教授。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山光和 あきやま-てるかず

1918-2009 昭和-平成時代の美術史家。
大正7年5月17日生まれ。秋山光夫の長男。昭和27年東京国立文化財研究所にはいる。44年東大教授。のち学習院大教授。美術品の研究に光学的方法をとりいれ,平安時代の絵画を中心に研究し,42年「平安時代世俗画の研究」(39年刊)で学士院賞。60年人文系学者として日本初のフランス学士院会員。平成21年3月10日死去。90歳。京都出身。東京帝大卒。著作はほかに「日本絵巻物の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android