コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山道子 あきやま みちこ

1件 の用語解説(秋山道子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山道子 あきやま-みちこ

大岡昇平の小説「武蔵野夫人」の主人公
武蔵野の一角「はけ」とよばれる土地で,実父の邸に大学教師の夫忠雄とすむ。夫婦仲はしっくりせず,復員してきた従弟の宮地勉(つとむ)とプラトニックな恋愛を経験する。離婚をせまる夫から財産をまもるため,遺言状をかき,睡眠薬をのんで,勉の名をよびながら死んでいく。昭和25年刊行。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秋山道子の関連キーワード大岡大岡昇平主公蓄妾ボバリスム武蔵野陵兵藤怜子瑠璃子アンチ・ヒーロー《武蔵野夫人》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone