コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山道子 あきやま みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山道子 あきやま-みちこ

大岡昇平の小説「武蔵野夫人」の主人公。
武蔵野の一角「はけ」とよばれる土地で,実父の邸に大学教師の夫忠雄とすむ。夫婦仲はしっくりせず,復員してきた従弟の宮地勉(つとむ)とプラトニックな恋愛を経験する。離婚をせまる夫から財産をまもるため,遺言状をかき,睡眠薬をのんで,勉の名をよびながら死んでいく。昭和25年刊行。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋山道子の関連キーワード大岡昇平武蔵野

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android