コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月種茂(読み)あきづき たねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋月種茂 あきづき-たねしげ

1744*-1819 江戸時代中期-後期の大名。
寛保(かんぽう)3年11月30日生まれ。秋月種美(たねみ)の長男。上杉鷹山(ようざん)の兄。宝暦10年父の跡をつぎ,日向(ひゅうが)(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩主秋月家7代となる。藩の法治体制をととのえ,社倉の設置,多子家族の救済,藩校明倫堂の創設などをおこない,藩の最盛期をもたらした。文政2年11月6日死去。77歳。後名は種穎(たねひで)。著作に「郷閭(きょうりょ)学規」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android