コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月韋軒 あきづき いけん

2件 の用語解説(秋月韋軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋月韋軒 あきづき-いけん

1824-1900 幕末-明治時代の漢学者。
文政7年7月2日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。藩主松平容保(かたもり)の京都守護職就任にしたがい京都で公武合体策を推進。戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍とたたかい,禁固処分をうける。のち東京大学予備門,五高でおしえた。明治33年1月5日死去。77歳。本姓は丸山。名は胤永。字(あざな)は子錫。通称は悌次郎。編著に「観光集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋月韋軒
あきづきいけん
(1824―1900)

幕末から明治の儒学者。文政(ぶんせい)7年、会津(福島県)に生まれる。名は悌二郎(ていじろう)、諱(いみな)は胤永(かずひさ)、字(あざな)は子錫(ししゃく)。23歳で昌平黌(しょうへいこう)に入学、足掛け12年、程朱学(ていしゅがく)を学ぶ。1862年(文久2)京都守護職松平容保(まつだいらかたもり)のもとで京都にて活躍。1865年(慶応1)蝦夷地(えぞち)(北海道)代官となるが、3年で京に上り、戊辰(ぼしん)戦争では容保に従って、鳥羽伏見から会津落城まで転戦し、会津藩の終わりに尽くすところがあった。禁固3年ののち許されて太政官(だじょうかん)に出仕、後年は東京大学高等中学校に奉職した。明治33年1月5日没。著作には『韋軒遺稿』がある。[渡部正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

秋月韋軒の関連キーワードルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)秋月悌次郎ミュラー海洋文学言語四種論本願寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone