コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田頼季 あきた よりすえ

1件 の用語解説(秋田頼季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋田頼季 あきた-よりすえ

1696-1743 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)9年生まれ。荒木高村の次男。秋田季豊,のち秋田輝季(てるすえ)の養子となり,正徳(しょうとく)5年陸奥(むつ)三春藩(福島県)藩主秋田家4代。権力抗争により,享保(きょうほう)14年実父高村は蟄居(ちっきょ)を命じられ,翌年には頼季が閉門処分をうけた。寛保(かんぽう)3年6月1日死去。48歳。前名は季侶(すえとも)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秋田頼季の関連キーワード土佐光成御当家令条神呪寺戸田旭山名古屋玄医荻原重秀キッド古医方三富新田トーランド

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone