コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田頼季(読み)あきた よりすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋田頼季 あきた-よりすえ

1696-1743 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)9年生まれ。荒木高村の次男。秋田季豊,のち秋田輝季(てるすえ)の養子となり,正徳(しょうとく)5年陸奥(むつ)三春藩(福島県)藩主秋田家4代。権力抗争により,享保(きょうほう)14年実父高村は蟄居(ちっきょ)を命じられ,翌年には頼季が閉門処分をうけた。寛保(かんぽう)3年6月1日死去。48歳。前名は季侶(すえとも)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる