コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋色女 シュウシキジョ

デジタル大辞泉の解説

しゅうしき‐じょ〔シウシキヂヨ〕【秋色女】

[1669~1725]江戸中期の女流俳人。江戸の人。名はあき。別号、菊后亭。夫の寒玉とともに榎本其角(えのもときかく)に学んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしきじょ【秋色女】

?~1725) 江戸中期の女流俳人。通称、おあき。別号、菊后亭きくごてい。江戸の菓子屋の娘。夫の寒玉とともに其角門。一三歳で「井戸端の桜あぶなし酒の酔」と詠んだという。其角の遺稿集「類柑子るいこうじ」や追善集「石などり」を刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋色女の関連キーワード榎本其角秋色桜井戸端其角