コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋色女 シュウシキジョ

2件 の用語解説(秋色女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうしき‐じょ〔シウシキヂヨ〕【秋色女】

[1669~1725]江戸中期の女流俳人。江戸の人。名はあき。別号、菊后亭。夫の寒玉とともに榎本其角(えのもときかく)に学んだ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしきじょ【秋色女】

?~1725) 江戸中期の女流俳人。通称、おあき。別号、菊后亭きくごてい。江戸の菓子屋の娘。夫の寒玉とともに其角門。一三歳で「井戸端の桜あぶなし酒の酔」と詠んだという。其角の遺稿集「類柑子るいこうじ」や追善集「石などり」を刊行。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

秋色女の関連キーワードシャクシャイン石田未得近松門左衛門嬉野次郎左衛門ピョートルピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題石田未得後楽園

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone