秋谷豊(読み)あきや ゆたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋谷豊 あきや-ゆたか

1922-2008 昭和-平成時代の詩人。
大正11年11月2日生まれ。堀辰雄,立原道造らに影響されて詩作をはじめる。昭和25年詩誌「地球」を創刊,主宰。ネオロマンチシズムをとなえ,おおくの新人をそだてた。平成7年「詩集―時代の明け方」で丸山薫賞。登山家としても知られた。平成20年11月18日死去。86歳。埼玉県出身。日大中退。詩集はほかに「葦の閲歴」「登攀(とうはん)」「ヒマラヤの狐」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android