コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙高 ちょうこうZhao Gao; Chao Kao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙高
ちょうこう
Zhao Gao; Chao Kao

[生]?
[没]子嬰3(前207)
中国の秦の始皇帝に仕えた悪臣。初め宦官として始皇帝の側近となり,帝の死後,丞相李斯 (りし) とともに賢明な太子扶蘇と名将蒙恬 (もうてん) を謀殺して,胡亥 (こがい) を秦二世皇帝に擁立し権力を握った。各地に反乱が起ったなかで李斯を胡亥2 (前 208) 年に殺して丞相となり,さらに多くの将軍や官吏をも殺し,翌年には二世皇帝を自殺させ,二世の兄の子の子嬰 (しえい) を王としたが,まもなく子嬰によって一族とともに誅滅された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐こう〔テウカウ〕【趙高】

[?~前207]中国、宦官(かんがん)。趙(ちょう)(河北省)の人。始皇帝の死後、丞相の李斯(りし)と謀り胡亥(こがい)を2世皇帝に擁立。のち李斯を殺し丞相となって権力を振るい、胡亥を殺し子嬰(しえい)を帝としたが、子嬰によって殺された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこう【趙高 Zhào Gāo】

?‐前207
中国,秦の姦臣。趙の王室の遠縁にあたるというが,身分は卑賤で秦室に仕える宦官であった。始皇帝に抜擢されて宮中の車馬係となったが,帝が死ぬと丞相の李斯(りし)と陰謀をめぐらし,遺言を改竄(かいざん)して長子の扶蘇(ふそ)と将軍の蒙恬(もうてん)を死罪にし,末子の胡亥を2世皇帝にたて,過酷な法による政治を行った。さらに李斯を処刑し代わって国政を執るや,2世皇帝をも脅迫して自殺に追いやったが,ついで即位した子嬰(しえい)(始皇帝の孫)によって殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうこう【趙高】

?~前207) 秦の宦官かんがん。始皇帝の死にあたり丞相李斯りしとはかって遺言を改竄かいざんし、長子扶蘇ふそと将軍蒙恬もうてんを死罪とし、末子胡亥こがいを二世皇帝に立て、酷法による政治を行なった。ついで胡亥をも自殺に追いやったが、次に擁立した子嬰に殺された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

趙高
ちょうこう
(?―前207)

中国、秦(しん)の宦官(かんがん)。戦国時代の趙王の遠属であったが、宦官の身となり秦(しん)の始皇帝に仕えた。中車府令として始皇帝の末子胡亥(こがい)の世話をしていたので、紀元前209年始皇帝が死去すると、丞相李斯(じょうしょうりし)とともに長子扶蘇(ふそ)を抑え、胡亥を二世皇帝とする謀略を実行した。その後、李斯を殺して丞相となる。二世皇帝に対しても、シカをウマと偽って献じたにもかかわらず、臣下が趙高の権勢を恐れて黙認するのをみて二世皇帝も殺してしまう。しかし、のちに即位した子嬰(しえい)に殺された。趙高が権力を握ったころは、もうすでに陳勝(ちんしょう)・呉広(ごこう)の乱や項羽(こうう)・劉邦(りゅうほう)らの反秦勢力がおこり、秦も滅亡寸前であった。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

趙高の関連キーワード鹿を指して馬となす鹿をさして馬と為す秦の時代(年表)此れ等・是等ばか

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

趙高の関連情報