秦冏(読み)しんげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦冏 しんげい

1793-1858 江戸時代後期の僧。
寛政5年生まれ。浄土宗。京都嵯峨(さが)正定院の立道(りゅうどう),摂津一心院の烣麟(かいりん)にまなび,江戸増上寺の主学席につく。唯識学,儒学に通じ,書画,漢詩にもすぐれる。下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)の弘経寺などの住職となった。安政5年9月9日死去。66歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。字(あざな)は白純。号は百蓮社笑誉唯阿,梅痴道人。著作に「詠物詩」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android