コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦冏 しんげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦冏 しんげい

1793-1858 江戸時代後期の僧。
寛政5年生まれ。浄土宗。京都嵯峨(さが)正定院の立道(りゅうどう),摂津一心院の烣麟(かいりん)にまなび,江戸増上寺の主学席につく。唯識学,儒学に通じ,書画,漢詩にもすぐれる。下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)の弘経寺などの住職となった。安政5年9月9日死去。66歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。字(あざな)は白純。号は百蓮社笑誉唯阿,梅痴道人。著作に「詠物詩」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

秦冏の関連キーワードケクレルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)グロー日本の医学史(年表)安政の大獄上田秋成

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android