コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩序党 ちつじょとうParti d'Ordre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秩序党
ちつじょとう
Parti d'Ordre

フランス第二共和政期 (1848~52) に形成された王党派,反共和主義派。大地主勢力を代表するブルボン正統主義者と,金融貴族や大商工業資本家の利益を代弁するオルレアン王朝派との協力関係によって成立。両派は王位継承問題では互いに対立しながらも,1848年の六月事件後,社会主義者や革命的労働者の勢力が低下するなかで急速に勢力を盛返し,大統領に就任したルイ・ナポレオン (ナポレオン3世 ) と提携して共和派の一掃に乗出した。 49年5月の選挙に圧勝し,言論,集会,結社の取締り強化や議会内での議長の権限拡張などの反動政策を推進し,大統領と対立しはじめた。しかし秩序党は王党2派の内部対立のため有効な対策を講じることができず,この間ルイ・ナポレオンは着々とクーデターの準備を進めていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

秩序党の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン