コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稗粒腫 ひりゅうしゅ milium

2件 の用語解説(稗粒腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稗粒腫
ひりゅうしゅ
milium

眼瞼 (まぶた) ,特に下眼瞼部に散発する粟粒大ぐらいまでの丘疹状皮疹。白黄色でこりこりと硬く,角質を内容とする。胎生期上皮胚の母斑性過誤腫とみなされる。天疱瘡,類天疱瘡,ジューリング疱疹状皮膚炎,先天性表皮水疱症,熱傷治癒後などに同様のものが現れることがあり,これを続発性稗粒腫という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

はいりゅうしゅ【稗粒腫 Milium】

[どんな病気か]
 成人女性の顔面、とくに眼瞼(がんけん)(まぶた)にみられる、直径1mm程度の少し隆起した腫瘍(しゅよう)です。他の皮膚疾患で、皮膚にびらんや水疱(すいほう)ができた後などに、できることがあります。角質(かくしつ)がたまった小さな袋状の組織が、皮膚表面近くにできているため、白くみえます。
[治療]
 腫瘍は、皮膚の浅いところにあるため、針で小さく切り開き、内部の角質物質をピンセットでつまんで取り出します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

稗粒腫の関連キーワードどんど何心地何なりプリマドンナマドンナドンナ媛まどんなドンナン効果下垂体性巨人症肝斑(しみ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone