コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稗粒腫 ひりゅうしゅmilium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稗粒腫
ひりゅうしゅ
milium

眼瞼 (まぶた) ,特に下眼瞼部に散発する粟粒大ぐらいまでの丘疹状皮疹。白黄色でこりこりと硬く,角質を内容とする。胎生期上皮胚の母斑性過誤腫とみなされる。天疱瘡,類天疱瘡,ジューリング疱疹状皮膚炎先天性表皮水疱症,熱傷治癒後などに同様のものが現れることがあり,これを続発性稗粒腫という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

はいりゅうしゅ【稗粒腫 Milium】

[どんな病気か]
 成人女性の顔面、とくに眼瞼(がんけん)(まぶた)にみられる、直径1mm程度の少し隆起した腫瘍(しゅよう)です。他の皮膚疾患で、皮膚にびらん水疱(すいほう)ができた後などに、できることがあります。角質(かくしつ)がたまった小さな袋状の組織が、皮膚表面近くにできているため、白くみえます。
[治療]
 腫瘍は、皮膚の浅いところにあるため、針で小さく切り開き、内部の角質物質をピンセットでつまんで取り出します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android