コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種形成 しゅけいせいspeciation

翻訳|speciation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種形成
しゅけいせい
speciation

種分化ともいう。進化の過程で新しい種がつくられること。種形成の様相については,多くの学説があり,進化論の中心的課題となっている。現代では,選択による原種からの変化の進行とともに,隔離による原種への戻りの阻止が要因の一つと考えられることも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

種形成の関連キーワードケルロイター(Joseph Gottlieb Koelreuter)オーストロネシア系諸族ハイブリッド形成隔離(生物学)ヒーラ細胞自然人類学人種地理学人種形質ウォレスヤペテ人ウィンゲ卵片発生定向進化種分化コムギゲノム人種結核洋島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android