コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲原寅惣 いなはら とらそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲原寅惣 いなはら-とらそう

1845-1930 明治-大正時代の地域開発者。
弘化(こうか)2年生まれ。長門(ながと)久野(くの)村(山口県菊川町)の庄屋,戸長。明治22年合併により豊東郷村(とよひがしごうそん)が成立,32年楢崎(ならざき)村と改称され,初代村長となる。灌漑(かんがい)用の溜池(ためいけ)をつくり,桑畑をひらいて養蚕をおこし,山林原野を開墾。植林をすすめ,耕地整理を推進した。昭和5年死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲原寅惣の関連キーワード大正時代弘化

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android