コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣白嵓 いながき はくがん

1件 の用語解説(稲垣白嵓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣白嵓 いながき-はくがん

1695-1777 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)8年4月28日生まれ。稲垣東山の養父。越前(えちぜん)(福井県)大野藩家老。梁田蛻巌(やなだ-ぜいがん),太宰(だざい)春台に儒学を,高野蘭亭(らんてい)に詩文をまなぶ。天文,暦学,武家故実にも通じた。安永6年6月11日死去。83歳。名は長章(ながあき)。字(あざな)は穉明。別号に葆光園。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲垣白嵓の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物安保理決議1695と1718カンプハイス桃林堂蝶麿植村政勝沼波弄山書店数減少国連安保理決議と議長声明円空

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone