コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲富栄次郎 いなとみ えいじろう

1件 の用語解説(稲富栄次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲富栄次郎 いなとみ-えいじろう

1897-1975 昭和時代の哲学者,教育学者。
明治30年9月7日生まれ。昭和16年広島文理大(現広島大)教授,26年上智大教授。教育哲学会初代会長。ギリシャ哲学から教育哲学にすすむ。戦後のプラグマティズム教育論を批判しつつ,教育哲学の体系化をこころみた。昭和50年12月30日死去。78歳。福岡県出身。東北帝大卒。著作に「教育目的論」など,翻訳にヘリゲル「弓と禅」(共訳)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲富栄次郎の関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議フィリピン革命ドイツ映画今泉今右衛門木村伊兵衛写真賞井上純一

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲富栄次郎の関連情報