コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲核菜(いねこきな)

デジタル大辞泉プラスの解説

稲核菜(いねこきな)

長野県安曇野市で生産されるカブ。江戸時代野麦峠を越えて持ち込まれた飛騨の赤カブが原種とされ、その後稲核地区の固有種となる。繊維質で硬いが、旨みがあり、実も葉も漬物に用いられる。漬け菜は、味噌で味つけして、郷土料理の「おやき」の具ともなる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

稲核菜[葉茎菜類]
いねこきな

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に松本市稲核地区で生産されている。古くから稲核地区では栽培されており、岐阜県飛騨地方から野麦峠を越えて伝播したという。蕪菜の一種。葉はびわ形、根部は球形に近く大きめである。葉は塩漬け、根は蕪漬けや干して煮物にも利用される。古漬けになると、おやきの具として用いられる。収穫期は11月。信州の伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

稲核菜(いねこきな)の関連キーワード長野県安曇野市

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android