コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲核菜(いねこきな)

1件 の用語解説(稲核菜(いねこきな)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

稲核菜(いねこきな)

長野県安曇野市で生産されるカブ。江戸時代野麦峠を越えて持ち込まれた飛騨の赤カブが原種とされ、その後稲核地区の固有種となる。繊維質で硬いが、旨みがあり、実も葉も漬物に用いられる。漬け菜は、味噌で味つけして、郷土料理の「おやき」の具ともなる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲核菜(いねこきな)の関連キーワード長野県安曇野市明科中川手長野県安曇野市明科光長野県安曇野市豊科長野県安曇野市中房温泉長野県安曇野市穂高長野県安曇野市穂高有明長野県安曇野市穂高牧長野県安曇野市堀金烏川長野県安曇野市三郷明盛長野県安曇野市三郷温

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone