コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野麦峠 のむぎとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野麦峠
のむぎとうげ

飛騨山脈乗鞍岳南麓に位置する。標高 1672m。長野松本市と岐阜県高山市の境にあり,飛騨信濃を結ぶ野麦街道が通過する。かつては飛騨方面から白木曲げ物ブリなどが,信濃からは米や清酒ウシや人の背で運ばれた。明治・大正期に飛騨から諏訪地方の製糸工場に働きに出る女子工員たちが通ったことでも知られ,供養塔や碑がある。乗鞍火山を一周できる自動車道も通る。御嶽山木曾山脈などが一望でき,紅葉が美しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のむぎ‐とうげ〔‐たうげ〕【野麦峠】

長野・岐阜県境、乗鞍岳の南にある峠。標高1672メートル。明治から大正初めにかけて、飛騨地方から諏訪地方の製糸工場へ働きに出た女工たちの越えた峠として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野麦峠【のむぎとうげ】

長野・岐阜県境,乗鞍岳の南にある峠。標高1672m。1724年の《信府統記》にみえ,明治中期まで飛騨と松本盆地を結ぶ野麦街道の難所として知られた。塩魚や塩を信州へ運び,また岡谷の製糸工場へ出稼ぎ(でかせぎ)する飛騨の女工たちが越えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のむぎとうげ【野麦峠】

北アルプスの乗鞍岳と鎌ヶ峰との間の峠。標高1672m。松本平と飛驒高山を結ぶ野麦街道が通じ,とくに1790年(寛政2)安房(あぼう)峠越えの道が飛驒側で閉鎖されてからその重要性がいっそう高まった。江戸時代には,信州奈川村の牛方と高山の歩荷(ぼつか)が米,酒,曲物,白木などを運び,明治時代から大正初めにかけては,飛驒から諏訪地方へ製糸女工として出稼ぎに行く娘たちがこの峠を利用した。その後,野麦街道はまったくさびれ,登山客がわずかに通るだけであったが,1969年に車道が開通してから観光客が増えて峠の風情は失われ,旧道も荒廃している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のむぎとうげ【野麦峠】

長野県松本盆地と岐阜県高山地方を結ぶ飛驒街道にある峠。乗鞍岳南麓にあり、街道最大の難所。かつて、諏訪地方の製糸工場で働く飛驒の女工が越えていった峠。海抜1672メートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(岐阜県)〕野麦峠(のむぎとうげ)


長野・岐阜県境、乗鞍(のりくら)岳の南東側山腹に位置する峠。標高1672m。野麦街道(飛騨(ひだ)街道)は岐阜県飛騨地方と長野県の松本(まつもと)・諏訪(すわ)地方を結ぶ重要な交通路。明治期、飛騨の若い女性たちがこの峠を越えて紡績女工として長野県側へ出稼ぎに出た哀話は、山本茂実あゝ野麦峠』(1968年〈昭和43〉)に女工哀史として描かれた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野麦峠
のむぎとうげ

長野県松本市と岐阜県高山市の境界にある峠。北の乗鞍(のりくら)岳と南の鎌(かま)ヶ峰の鞍部(あんぶ)で、標高1672メートル。野麦街道が通じ、北アルプス南端部を横断する道としてはもっとも多く利用された。信州(長野県)と飛騨(ひだ)(岐阜県)を結び、信州からは米や酒、飛騨からは飛騨ブリや曲物(まげもの)が運ばれた。冬は積雪が多く、凍死する者も出たので、お助け小屋が建てられたという。
 明治から大正初めにかけて飛騨から糸引き女工がこの峠を越えて諏訪(すわ)の製糸工場に働きに行き、女工たちの峠越えを描いた山本茂実(しげみ)の小説『あゝ野麦峠』やその映画化で、峠を訪れる人も多い。峠には五輪塔やお助け小屋、野麦峠の館があり、女工たちが泊まった宿が一軒残っていたが、松本市歴史の里(屋外博物館)に移築保存された。長野・岐阜両県からの車道が通じ、峠からは乗鞍岳を眼前に望むことができる。[小林寛義]
『市川健夫著『信州の峠』(1972・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野麦峠の関連キーワードあゝ野麦峠・新緑篇日本映画史(年表)中部山岳国立公園長野県松本市奈川野麦県立自然公園高根(岐阜県)里木 佐甫良長野県松本市奈川の牛稼奈川[村]岡谷[市]北アルプス外野村 晋伊藤 武郎高山(市)大竹しのぶ山本 茂実北林 谷栄高根[村]松尾なおこ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野麦峠の関連情報