コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旨み/旨味 ウマミ

デジタル大辞泉の解説

うま‐み【旨み/旨味】

《「み」は接尾語》

㋐食物のうまい味。また、うまい度合い。おいしさ。「材料の―を生かして調理する」
かつお節昆布シイタケなどでとった、だしの味。→旨み調味料
技芸などの巧みさ。「汚れ役に―を出す」
仕事・商売などで利益やもうけが多いというおもしろみ。「あまり―のない商売」
[補説]1㋑は、明治41年(1908)池田菊苗が、昆布のだしからグルタミン酸を抽出してこの味の主成分であることを発見し、うまみと名づけたもの。近年では、甘味、酸味、塩味、苦味と並ぶ、五つめの味覚とされるようになった。→味の素

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旨み/旨味の関連キーワードトロッケンべーレンアウスレーゼ金紋朝日 しぼりたてはぼまい昆布しょうゆ会津藩 古文書造りイソマルトオリゴ糖苫小牧産ほっき貝肥前さくらポークいわて短角和牛ウマミナチュレ豪気初留取り麦長崎さちのか坂本の食用菊大豆オリゴ糖桃太郎トマト麓山高原豚秋田由利牛昆布の水塩ウマミタス化学調味料日清麺職人

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android