コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲津永豊 いなづ えいほう

1件 の用語解説(稲津永豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲津永豊 いなづ-えいほう

1801-1851* 江戸時代後期の和算家。
享和元年5月5日生まれ。梁川紅蘭(やながわ-こうらん)の兄。美濃(みの)(岐阜県)安八(あんぱち)郡の人。広江永貞(えいてい)門下の小倉与惣治に関流をまなび,門弟におしえた。嘉永(かえい)3年12月20日死去。50歳。別名に長豊。通称は房二郎,のち弥五郎

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲津永豊の関連キーワード享和リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン森田勘弥光の科学史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone