コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲玉徳兵衛 いなだま とくべえ

1件 の用語解説(稲玉徳兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲玉徳兵衛 いなだま-とくべえ

1822-1872 江戸後期-明治時代の開拓者。
文政5年生まれ。信濃(しなの)坂木村(長野県坂城町)の年寄役。千曲(ちくま)川の氾濫(はんらん)により耕地が減少したため,日名山の秣(まぐさ)場の開墾に着手。明治4年までに約215haの田畑をひらいた。明治5年死去。51歳。名は昌言(まさのぶ)。字(あざな)は子聞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲玉徳兵衛の関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone