コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田周一 いなだ しゅういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲田周一 いなだ-しゅういち

1902-1973 昭和時代の官僚。
明治35年2月26日生まれ。稲田周之助の長男。稲田清助の兄。内務省にはいり,内閣書記官などをつとめ,犬養(いぬかい)内閣から小磯内閣まで歴代の内閣につくした。在任中,二・二六事件に遭遇,また米英への開戦詔書をまとめた。昭和20年滋賀県知事。戦後,公職追放をうけ,40年侍従長。学友尾崎秀実(ほつみ)がいる。昭和48年2月5日死去。70歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲田周一の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android