稲葉山城(読み)いなばやまじょう

大辞林 第三版の解説

いなばやまじょう【稲葉山城】

岐阜県岐阜市金華山上にあった城。斎藤道三が美濃支配の拠点として改修、ついで織田信長が居城とし、岐阜城と改名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲葉山城
いなばやまじょう

鎌倉から江戸期初頭の城。岐阜市金華山(きんかざん)にあり、金華山城の別称もあり、織田信長入城以後は岐阜城ともよばれる。城は1201年(建仁1)鎌倉幕府政所(まんどころ)執事を務めていた二階堂行政(にかいどうゆきまさ)によって初めて築かれたといわれているが、鎌倉期に標高338メートルもの高い山に城が築かれたかどうかは若干問題がある。のち、美濃(みの)守護土岐(とき)氏の時代には守護代の斎藤氏が代々居城した。
 1534年(天文3)斎藤道三(どうさん)によって戦国の城として再興され、義龍(よしたつ)、龍興(たつおき)と相続し、1567年(永禄10)織田信長が斎藤氏を滅ぼし、名も岐阜城と改めて居城とした。城主は織田信忠(のぶただ)、信孝(のぶたか)とかわり、池田輝政(てるまさ)を経て信忠の子秀信(ひでのぶ)が入り、1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いに際し落城、翌年、奥平信昌(おくだいらのぶまさ)の加納(かのう)入城により廃城となった。現在は1956年(昭和31)に復興された三重四層の新天守閣が建ち、麓(ふもと)の屋敷跡は千畳敷とよばれ、公園となっている。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android