コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉真弓 いなばまゆみ

知恵蔵miniの解説

稲葉真弓

女性小説家、詩人。1950年3月8日、愛知県生まれ。高校卒業後、編集プロダクションに勤務しつつ同人誌「作家」を舞台に活動。73年、23歳にして短編「蒼い影の傷みを」で女流新人賞を受賞し文壇デビュー。後に上京し、90年『琥珀の町』(河出書房新社)で芥川賞候補となる。91年、詩集『夜明けの桃』(河出書房新社)を発表。92年、実在の人物を扱った『エンドレス・ワルツ』(河出書房新社)で女流文学賞を受賞、同作品は映画化もされた(若松孝二監督)。95年『声の娼婦』(講談社)で平林たい子文学賞を受賞。90年代半ばから三重県志摩半島の別荘で過ごすことが多くなり、そこでの生活を題材とした2007年発表の小説『海松』で川端康成文学賞と芸術選奨文部科学大臣賞を、11年発表の『半島へ』(講談社)で谷崎潤一郎賞、中日文化賞、親鸞賞を受賞した。14年、紫綬褒章を受章。同年8月30日、すい臓癌のため死去。享年64。

(2014-9-2)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

知恵蔵の解説

稲葉真弓

作家、詩人。1950年、愛知県海部郡佐屋町(現愛西市)出身。高校卒業後に小説を書き始め、73年「蒼い影の傷みを」で女流新人賞を受賞し、文壇デビューした。後に上京し、フリー編集者などをしながら、現代の都会に生きる、自身と同年代の女性などを題材に作品を発表してきた。
80年『ホテル・ザンビア』(作品社)で、作品社による新人作家を対象にした文学賞である作品賞を受賞。90年『琥珀の町』(河出書房新社)で芥川賞候補となる。91年、詩集『夜明けの桃』(河出書房新社)を発表。実在の人物、ジャズ・サックス奏者の阿部薫と映画俳優で作家だった鈴木いづみをモデルとして、70年代の東京を描いた小説『エンドレス・ワルツ』(92年、河出書房新社)は女流文学賞を受賞し、映画化(監督・若松孝二)もされ、この作品をきっかけに作家として一躍有名となった。95年『声の娼婦』(講談社)で平林たい子文学賞を受賞。
母や妹と三重県志摩半島を訪れた90年代のある旅行中、そこで見た一羽のキジの美しさに魅せられたことが転機となり、土地を購入して別荘を建てる。以後、この別荘を拠点として、「半島」での生活に強く影響を受けた小説により新境地を開いた。2007年「新潮」2月号に発表の小説「海松(みる)」(単行本は09年新潮社より発行)で08年に川端康成文学賞、10年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。11年には、東京生活へのこだわりを捨てて志摩半島で過ごす女性を描いた『半島へ』(講談社)を発表し、同年、谷崎潤一郎賞、中日文化賞を受賞、12年には一般財団法人本願寺文化興隆財団によるフィクション作品対象の文学賞である親鸞賞を受賞した。
その他の代表作として、『猫に満ちる日』、『環流』、『砂の肖像』(以上、講談社)、『私がそこに還るまで』(新潮社)、『花響』、『さよならのポスト』(以上、平凡社)、エッセー『ミーのいない朝』(河出書房新社、のち文庫)、詩集『連作・志摩 ひかりへの旅』(港の人)、『母音の川』(思潮社)など。愛猫家で、猫を題材にした作品が複数ある。また、1980年代後半から90年代初頭にかけ、倉田悠子の変名で「くりいむレモン」などアダルト向けアニメビデオの小説化やファンタジー小説の執筆をしてきたことを、晩年になって「新潮 創刊一一〇年記念号」(14年5月発行)に寄せた手記の中で明かしている。
10年度から13年度まで、織田作之助賞の選考委員を、また10年度から12年度まで芸術選奨文部科学大臣賞推薦委員を務めた。14年、紫綬褒章を受章。同年8月30日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。享年64。

(葛西奈津子 フリーランスライター/2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉真弓 いなば-まゆみ

1950-2014 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和25年3月8日生まれ。編集プロダクションにつとめ,同人誌「作家」に作品を発表。昭和48年「蒼い影の傷みを」で女流新人賞,平成4年「エンドレス・ワルツ」で女流文学賞,7年「声の娼婦」で平林たい子文学賞。20年「海松(みる)」で川端康成文学賞。22年同作品を収めた短編集「海松」で芸術選奨文部科学大臣賞。「半島へ」で23年谷崎潤一郎賞,24年親鸞賞。現代の不安のなかに生きる人々のエロスの世界をえがいた。平成26年8月30日死去。64歳。愛知県出身。津島高卒。作品はほかに「琥珀の町」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲葉真弓の関連キーワードEndless Waltz エンドレス・ワルツ昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android