コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉通邦 いなばみちくに

3件 の用語解説(稲葉通邦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲葉通邦
いなばみちくに

[生]延享1(1744)
[没]享和1(1801).4.25.
江戸時代後期の国学者,故実家。尾張藩士。通称喜三郎,のち喜蔵と改める。著作『古流故実伝』『山路雫』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉通邦 いなば-みちくに

1744-1801 江戸時代中期-後期の有職(ゆうそく)家。
延享元年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。父通経(みちつね)に小笠原流礼法をならい,岡田重定から古流故実伝(五味流)を相承。国学・漢学・本草学もまなぶ。藩祖徳川義直(よしなお)著「神祇(じんぎ)宝典」などを校定。古文献や古武具を調査・研究し,それらの影写刊行と復元につとめた。享和元年4月25日死去。58歳。字(あざな)は君達。通称は喜三郎,喜蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稲葉通邦

没年:享和1.4.25(1801.6.6)
生年:延享1(1744)
江戸中期の有職故実家。尾張(名古屋)藩藩士稲葉通経の子。通称喜三郎。字は君達。岡田重定に入門して古流故実を学び,重定の隠居後は師家を継承して門弟を教授した。藩の御書物調御用,御図書吟味役などを務め,『神祇宝典』『類聚日本紀』の校定,『張州府志』『尾陽志略』『木曾志略』の改正補訂などに従事した。『将門記』『和名類聚抄』の零本の影写を刊行する一方,尾張周辺の古武器類の実測調査を行い,その復元を試みるなど,文献だけでなく遺物と実見によって総合的に研究した。河村秀根,神村正鄰,石原正明らと共に『令義解』を協同研究し,その成果を『講令備考』にまとめた。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の稲葉通邦の言及

【河村秀穎】より

…尾張藩士で,天野信景を師として国学を学び,また有職故実,律令にも通じた。稲葉通邦,石原正明,神村正鄰らと律令講読会を組織し,その研究成果は通邦の編する《講令備考》10巻(《続々群書類従》所収)として結実した。また弟秀根の《書紀集解(しつかい)》の執筆にも協力。…

【河村秀根】より

…字は君律,号は葎庵。藩主徳川宗春に出仕のかたわら,兄秀穎(ひでかい)とともに神道・国学を学び,《日本書紀》などの古典を研究,また稲葉通邦らと律令講読会を組織。代表的著書《書紀集解(しつかい)》は秀穎と子益根(ますね)の協力により,没後に完成。…

【律令法】より

…降って室町時代に一条兼良は《令抄》を著したが,これも古来の注釈を摘記したものにすぎない。ついで江戸時代に入ると漢学者,国学者の双方による律令研究が盛行し,注釈書を残した者に壺井義知(つぼいよしちか)(1657‐1735),荷田春満(かだのあずままろ),稲葉通邦(いなばみちくに)(1744‐1801),河村秀穎(ひでかい),河村秀根(ひでね),薗田守良(そのだもりよし)(1785‐1840),近藤芳樹などがあるが,依然として研究の中心は解釈学におかれていた。 しかし近代史学の発達とともに,律令の研究はその解釈にとどまらず,多方面にわたって深化した。…

※「稲葉通邦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稲葉通邦の関連キーワード速水房常真野安通滋野井公麗有職故実故実家有職家名古屋行灯名古屋音頭大塚蒼梧松岡行義

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone