コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲麻竹葦 トウマチクイ

デジタル大辞泉の解説

とうま‐ちくい〔タウマチクヰ〕【稲麻竹×葦】

《稲・麻・竹・葦の群生するようすから》多くの人が入り乱れて集まっているようすや、幾重にも取り囲んでいるようすをたとえていう語。
「余りに人参り集ひて、筍(たかんな)を込み、―のごとし」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうまちくい【稲麻竹葦】

イネとアサとタケとアシ。転じて、多くのものが入り乱れていること。周囲を幾重にも取り囲んでいること。稲麻。 「あまりに人参り集ひて、たかんなをこみ、-のごとし/平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稲麻竹葦の関連キーワードかんな竹葦稲麻イネ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android