コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積親王 ほづみしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積親王
ほづみしんのう

[生]?
[没]霊亀1(715).7.27.
天武天皇皇子。母は蘇我赤兄の女,大ぬの娘。知太政官事,一品にいたる。慶雲2 (705) 年,知太政官事に任じられ,以後薨ずるまでその任にあって,百官を統轄した。『万葉集』に作歌数首が収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積親王 ほづみしんのう

?-715 飛鳥(あすか)-奈良時代,天武天皇の皇子。
母は蘇我大蕤娘(そがの-おおぬのいらつめ)。慶雲(きょううん)2年知太政官事となり,和銅8年一品(いっぽん)をさずけられる。異母妹但馬(たじまの)皇女との恋愛で知られる。「万葉集」に短歌4首がある。和銅8年7月27日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

穂積親王の関連キーワード石川大蕤比売大伴坂上郎女藤原不比等田形内親王小野毛野蘇我赤兄但馬皇女巨勢麻呂広河女王奈良時代境部王霊亀

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android