コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穎玄 えいげん

1件 の用語解説(穎玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穎玄 えいげん

1751-1829 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の浄土真宗本願寺派上品寺(じょうぼんじ)の住職。明和5年ごろ寺再建のため江戸で托鉢(たくはつ)。吉原の遊女からも寄進をうけ,梵鐘を新鋳してもどったという。歌舞伎隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」に登場する破戒僧のモデルになったといわれる。文政12年1月24日死去。79歳。近江出身。法名は了海。号は法界坊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

穎玄の関連キーワード藩学一覧宝暦鶴屋南北俚言集覧六玉川桜田治助百科事典一条兼香大島蓼太

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone