コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

究竟一乗宝性論 くきょういちじょうほうしょうろん Ratnagotra-vibhāgo Mahāyānottaratantra-śāstra

1件 の用語解説(究竟一乗宝性論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

究竟一乗宝性論
くきょういちじょうほうしょうろん
Ratnagotra-vibhāgo Mahāyānottaratantra-śāstra

仏教の論書。4~5世紀頃の成立。著者に問題があり,サンスクリット原典からは不明で,漢訳では安慧,チベット訳では弥勒が韻文の部分を作り,無着が散文の部分を著わしたとする。内容は,すべての者が仏陀となる性質をそなえているとする,如来蔵思想を組織的に説いたもので,それをサンスクリット本では5章にわたって体系的に述べている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

究竟一乗宝性論の関連キーワード出定笑語摂大乗論大乗義章大智度論ディーパバンサ瑜伽師地論小乗経ミリンダ王の問Ак-Бешимマンズシル寺院

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone