コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

究竟一乗宝性論(読み)くきょういちじょうほうしょうろん(英語表記)Ratnagotra-vibhāgo Mahāyānottaratantra-śāstra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

究竟一乗宝性論
くきょういちじょうほうしょうろん
Ratnagotra-vibhāgo Mahāyānottaratantra-śāstra

仏教の論書。4~5世紀頃の成立。著者に問題があり,サンスクリット原典からは不明で,漢訳では安慧,チベット訳では弥勒が韻文の部分を作り,無着が散文の部分を著わしたとする。内容は,すべての者が仏陀となる性質をそなえているとする,如来蔵思想を組織的に説いたもので,それをサンスクリット本では5章にわたって体系的に述べている。また,唯識説との関連もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android