コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

究竟一乗宝性論 くきょういちじょうほうしょうろんRatnagotra-vibhāgo Mahāyānottaratantra-śāstra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

究竟一乗宝性論
くきょういちじょうほうしょうろん
Ratnagotra-vibhāgo Mahāyānottaratantra-śāstra

仏教の論書。4~5世紀頃の成立。著者に問題があり,サンスクリット原典からは不明で,漢訳では安慧,チベット訳では弥勒が韻文の部分を作り,無着が散文の部分を著わしたとする。内容は,すべての者が仏陀となる性質をそなえているとする,如来蔵思想を組織的に説いたもので,それをサンスクリット本では5章にわたって体系的に述べている。また,唯識説との関連もみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報