コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安慧 あんねSthiramati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安慧
あんね
Sthiramati

[生]470頃
[没]550頃
南インド出身の仏教学者。瑜伽行派に属する。その説は,瑜伽行派の古説に近いものといわれる。著書『唯識三十頌に対する』『中辺分別論に対する註』『倶舎論実義疏』『大乗中観釈 (ちゅうがんしゃく) 論』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

安慧【あんね】

サンスクリット名のスティラマティSthiramatiの漢訳名。南西インドの人で,一説に510年―570年ころの人ともいう。唯識(ゆいしき)十大論師の一人とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安慧 あんね

あんえ

安慧 あんえ

795-868 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)14年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)大慈寺(小野寺)の広智(こうち)に師事,13歳で比叡(ひえい)山にのぼり,最澄と円仁(えんにん)にまなぶ。承和(じょうわ)11年出羽講師(でわのこうじ),貞観(じょうがん)4年内供奉(ないぐぶ)十禅師,6年天台座主(ざす)4世となる。貞観10年4月3日死去。74歳。河内(かわち)(大阪府)出身。俗姓は大狛(おおこま)。著作に「顕法華義抄」「即身成仏義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あんね【安慧】

470?‐550?
インドの大乗仏教の学僧。一説に510‐570年ころの人ともいう。瑜伽行唯識派(ゆがぎようゆいしきは)の所属で十大論師の一人。サンスクリット名はスティラマティSthiramati。西インドのカーティアーワール半島にあるワラビーValabhīに生まれ,徳慧(とくえ)の教えをうけた。安慧の学説は,〈無相唯識〉といわれ,同時代に活躍した護法(ダルマパーラ)Dharmapālaの学説〈有相唯識(うそうゆいしき)〉と区別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安慧
あんね
(510―570ころ)

インド大乗仏教瑜伽行(ゆがぎょう)派の学僧。サンスクリット名はスティラマティSthiramati。西インドのバラビー地方(現、グジャラート州内)において、同地のグハセーナGuhasena王(在位558~566)の時代に活躍した。先輩(あるいは師)の徳慧(とくえ)(グナマティGuamati)と並び称される。玄奘(げんじょう)の『大唐西域記』には堅慧(けんね)と記されている。世親(せしん)の『唯識三十頌(ゆいしきさんじゅうじゅ)』ほか多くの論典の註釈(ちゅうしゃく)を書いた。現存するものは漢訳に『阿毘達磨雑集論(あびだつまぞうしゅうろん)』『大乗廣五蘊論(だいじょうこうごうんろん)』『大乗中観釈論(ちゅうがんしゃくろん)』『倶舎論実義疏(くしゃろんじつぎそ)』(断簡)、梵(ぼん)本(およびチベット訳)に『三十頌釈』『中辺分別論釈疏(ちゅうへんふんべつろんしゃくそ)』があり、そのほかチベット訳に『荘厳経論註疏(しょうごんきょうろんちゅうそ)』などがある。また『成唯識論(じょうゆいしきろん)』にはその学説(識の一分説)などが紹介されている。[高崎直道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安慧の関連キーワード究竟一乗宝性論大宝積経高崎直道天台宗山口益円珍長意中論

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安慧の関連情報