コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空き家軒数の増大 あきやけんすうのぞうだい

知恵蔵の解説

空き家軒数の増大

2003年に実施された住宅・土地統計調査によれば、全国の住宅数は約5389万戸で、総世帯数約4726万を大幅に上回っている。住宅のうち居住世帯がある住宅数は約4686万戸で、居住世帯のいない住宅が全国に約703万戸分布している結果になっている。この住宅のうち、一時使用や建設中の住宅を除いた約659万戸が空き家になっており、別荘や世帯が一時的に不在の住宅を除いた約397万戸は、活用できる住宅ストックであるにもかかわらず、空き家状態になっていて、有効活用が大きな問題になっている。人口減少に応じて空き家の数は、ますます増加することが予測され、住生活基本法住生活基本計画(全国計画)が掲げるストックの有効活用の面からも、大きな課題になっている。

(平井允 まちづくりプランナー / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

空き家軒数の増大の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門小津安二郎重症急性呼吸器症候群生化学日本郵便制度史(年表)アレックス ロドリゲスHomeStyle+イラク戦争生れてはみたけれど

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android