コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空き家/明き家 アキイエ

デジタル大辞泉の解説

あき‐いえ〔‐いへ〕【空き家/明き家】

あきや」に同じ。

あき‐や【空き家/空き屋/明き家】

人の住んでいない家。あきいえ。
俗に、女性が恋人や夫と別れて独り身であることをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あきいえ【空き家】

あきや。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空き家/明き家の関連キーワード調書(ル・クレジオの小説)宇陀市の空き家情報バンク瀬戸内国際芸術祭2010シェアリング・エコノミーデービッド エリオット移住・住みかえ支援機構空き家対策特別措置法県景観支障防止条例日本創成会議の提言株式会社かもめパン空き家対策ビジネス国による空き家対策貸し切る・貸切る呉市の空き家条例函館市の西部地区空き家軒数の増大スクォーティング都市のスポンジ化無届け介護ハウス都市の縮小・縮退

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android