コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空き家/明き家 アキイエ

デジタル大辞泉の解説

あき‐いえ〔‐いへ〕【空き家/明き家】

あきや」に同じ。

あき‐や【空き家/空き屋/明き家】

人の住んでいない家。あきいえ。
俗に、女性が恋人や夫と別れて独り身であることをいう。
[補説]書名別項。→空屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきいえ【空き家】

あきや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空き家/明き家の関連キーワード調書(ル・クレジオの小説)宇陀市の空き家情報バンクシェアリング・エコノミー瀬戸内国際芸術祭2010デービッド エリオット移住・住みかえ支援機構空き家対策特別措置法県景観支障防止条例所有者不明土地問題日本創成会議の提言空き家対策ビジネス国による空き家対策貸し切る・貸切る都市のスポンジ化函館市の西部地区無届け介護ハウス呉市の空き家条例空き家軒数の増大スクォーティング都市の縮小・縮退

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android