空劫(読み)くうごう

精選版 日本国語大辞典「空劫」の解説

くう‐ごう ‥ゴフ【空劫】

〘名〙 仏語。世界の起滅にかかわる、成(じょう)・住(じゅう)・壊(え)四劫(しこう)の一つ。世界が破滅して、一切が空無の状態のまま続く長い時間で、これが終わると、また成劫(じょうごう)に入り、世界ができあがる、とする。
※正法眼蔵(1231‐53)山水経「空劫已前の消息なるがゆへに、而今の活計なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空劫」の解説

くう‐こう〔‐コフ〕【空×劫】

仏語。四劫しこうの第四。世界が全く壊滅して、次にまた新たに生成の時が始まるまでの長い空無の期間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の空劫の言及

【劫】より

…〈中劫antara‐kalpa〉といういい方があるが,それは単に劫というのと同じである。〈成劫(じようこう)〉〈住劫(じゆうこう)〉〈壊劫(えこう)〉〈空劫(くうこう)〉は宇宙の生滅の1サイクルを構成するが,それぞれ20中劫からなる。〈大劫〉は成住壊空の1サイクル,すなわち80中劫からなる。…

※「空劫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる