コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空劫 クウコウ

デジタル大辞泉の解説

くう‐こう〔‐コフ〕【空×劫】

仏語。四劫(しこう)の第四。世界が全く壊滅して、次にまた新たに生成の時が始まるまでの長い空無の期間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうこう【空劫】

〘仏〙 〔「くうごう」とも〕 四劫しこうの一。世界が壊滅して空漠とした期間。 → 四劫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の空劫の言及

【劫】より

…〈中劫antara‐kalpa〉といういい方があるが,それは単に劫というのと同じである。〈成劫(じようこう)〉〈住劫(じゆうこう)〉〈壊劫(えこう)〉〈空劫(くうこう)〉は宇宙の生滅の1サイクルを構成するが,それぞれ20中劫からなる。〈大劫〉は成住壊空の1サイクル,すなわち80中劫からなる。…

※「空劫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

空劫の関連キーワード仏語三災劫火

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android